見出し画像

発信予定の記事を後ろ倒しにしたので、書き方のこだわりを言語化してみる回。

noteを書いて、自社について発信しろ―。
これ、想像以上にしんどいです。何を書いたらいいかはわからないですし、どんな書き方をしたらいいのかもわからない。
真っ白なエディターを前に、私は今日も真っ青です。

ノウハウはそこら中に転がっていますし、読まれる方の好みがあるのもまた事実ですが、160本の記事公開作業を経てようやく整いつつある私の思考を「ひとつの解釈」としてこの記事でまとめておきます。

最近作った自己紹介に書きました
「嫌いな曜日は水曜日!」

注)ライターの経験がある訳でも文学部卒でもない、総務部のこやまです。
文章自体に自信はないのであの手この手でどうにかすること、そして社内で誰かがnoteを書こうとしてくれた時に参考になることを期待して残します。

よってこの記事は素人の私見を多分に含みます


この記事で結局言いたいことはこれ


早速ですが結論です。
デジタル媒体において他者に文章を読んでいただく際、最も重視すべき点はおそらく「リズム感」あるいは「テンポ感」であると私は想像しています。

簡単に言語化するなら「プレーンテキストだけやたら書き続けないこと」に収束します。この記事からも伝わるとは思われますが、基本構成の作り方をワイヤーフレームにして視覚化してみました。

なんとなく伝わりますか……?


文章「以外」にも言及するならば…


ギャップ生まない=みなさんと私の弊社に関するイメージを視覚的に揃えるという観点では画像の持つ力もまた偉大だと思っており、クオリティの高低は問わず画像埋め込みを多用しています。

1本の記事では最大40枚の画像を使用したことがあります。
でもこうでもしないと "魔境の謎部屋""謎空間” に対する私とみなさんの認識は揃いませんよね…。



ではここからは超絶ニッチな私のこだわりポイントを3つご紹介します!

行の ”キレ”


お気づきでしょうか?
環境に依存するので基本はPCでの閲覧時を想定してnoteを書いていますが、イシダテックのnoteは行の切れ目が自画自賛レベルで美しいことに。
これは偶然整っているわけではなく、整えています。

言葉を選び直したり、表現を変えたりする必要があるので難しいのですが、読みやすさ・美しさ的な観点から密かにこだわっているポイント。
そしておそらく、この工程が不必要な表現を削ぎ落としてくれます。

全ての文章に適用できるわけではありませんが、参考までに先週書いた記事のある見出しをどうぞ

視覚的に美しくない……?


誤脱チェック&誤脱チェック


誤字や脱字を見つけると、中身が入ってこなくなりませんか?
記事の内容は当然会社の方向性に反していないか、炎上する要素はないか、そんな視点が必要なので公開前に石田社長にお見せします。
ただ「誤脱チェックも!」と社長にお願いするのはやや違和感があります。

その結果、こんな絶望的な体制になりますね。
時間を空けて見たり、視点やデバイスを変えてみたり、途中でお散歩したりとひたすら気を使って誤脱チェックに取り組むことにしています。

石田社長が書いてくれるケースではふたり体制!


客観的視点の反映


外部の方からいただいたフィードバックは取り入れさせてもらっています。主な情報ソースとしては以下の3箇所をメインにしており、過去いただいたご意見の一例を紹介いたします。笑

  1. 弊社と全く無関係の個人的な友人

  2. オン/オフ問わずお話しした読者の方

  3. コメント欄

  • 文章量が多く、読むのにカロリーがいるので2日に分けて読んでる
    平均約4,000字から3,000字程度に→まさかの読了率が約10%増

  • 言葉の意味がわからなくて調べながら読みました
    製造業や社内で用いられる独特な言葉→平易に&前提も揃える

  • 本文より画像のキャプションが味わい深い
    そういう読み方もあるのか!と気づく→魂込めて全力で

ご意見はコンテンツに関しても最大限取り入れさせていただいています

※弊社の伝えたいことからブレない前提です


そして:草薙カルテッドとやってみた


私がわざわざ遠くでリモートワークする際に利用する「Takt」を運営する、一般社団法人草薙カルテッドへ広報後方支援を実施しました。弊社としても学ぶことが多く、良い経験をさせていただきました!

  • 頭の中ではそれなりに「仕掛け」を考える必要がある

  • 手を動かすときにも意外と「知識」と「工夫」が必要

  • 異なる視点を加えると気づきがある

以上より担当者1名で発信等の業務をこなす場合、技術・知識・マインド等求められる「幅」は広いうえに、やってみないとわからないことがたくさんあります。そこで第三の目:外部視点として、秘訣気合と根性をお伝えしてきました。

私のお手伝いについて:詳細を知りたい方はお問い合わせください

【重要】副業としてはお受けできません


おわりに


出す準備をしていた記事が先延ばしになったので、自分の思考整理も含めていつか書いてみたいな、と思ってた内容を書かせてもらいました。

「。」で終わるLINEは冷たい!みたいな記事が最近話題になっていたようにテキストコミュニケーションにおいて内容・心理を歪みなく伝えることは、本当に難しいことだと思います。それが特に重要になるテレワークでは、「疑心暗鬼が敵!」と言われてもいます。受け手・送り手、どちらの立場でも相手を思いやることを忘れないようにしたいですね……(こやま)

今週も生き延びることができた

▶弊社について

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!