見出し画像

写真撮影&工場見学をしてみた。


イシダテック広報担当の伊藤です。

今回は、写真撮影しながらちょこっと工場見学もしてみた!
というライトなかんじの記事になっています。
気軽な気持ちで読んでただいて大丈夫です!(笑)

【広報伊藤が着任したいきさつ】
・大学で上京してから10年以上焼津を離れていて、久々に帰ってきました!
・大学では音楽大学に行き、声楽を学んでいました
・新しいことにチャレンジしたい!と思い未経験の広報に挑戦
【自己紹介】 広報担当が二人体制になりました!」より

1月よりイシダテックの仲間に入れてもらった私(伊藤)なのですが、普段は在宅ワークなのであまり出社することはないのですが、今回はnoteやtwitterなどのSNSに使用する写真撮影のため、会社に行ってきました!

「そもそもイシダテックってどんな会社??」

という方は↓の記事にまとめてあります!

まずはじめに、企画や設計を行なっている現場に撮影に行きました。

真剣な眼差しでパソコンをカタカタとされていたので、邪魔してはいけないと思い、話しかけることはせず、伊藤も真剣な眼差しでその姿を見学していました。

いえ、本当は撮影を楽しく見てました(笑)

やっぱり、パソコンを使いこなす姿ってかっこいいですよね〜!!

そしてものづくりの現場、工場へ…

工場に入る時、学生の頃の社会科見学のワクワクした気持ちを思い出しました。

イシダテックの広報に就任してから、工場側へ行くのはこの日が初めてでした。

工場内は、コンパクトなものからすごく大きなものまで、さまざまな機械が並んでいました。

撮影時、まだ公開できないため映してはいけないという機械もいろいろとあり、まさに「秘密兵器」が生まれている現場というかんじがしました!

機械の説明をいくつかしていただいたのですが、専門用語が次々と出てきて、頭の中に「?」が飛びかっていたことはここだけの話。

説明を聞いている時は、わかっている風のリアクションをしてしまいました、すいません(>_<)

あ、カメラマンの方には「顔がだんだん険しくなってるよー」とダメ出しされたのでバレてましたね(笑)

↑カメラにしっかり納められていました、頭に「?」の姿。

その後、説明をもっとわかりやすくしていただけてやっと理解をしたのですが、絶対にあったら便利だし、こういう機械のおかげで事業が成長していくんだなと、イシダテックのオーダーメイドの機械が必要とされる理由がわかりました。

↑ちなみに、こちらが理解できた時の表情(笑)

工場は淡々とそれぞれのスタッフが作業をしているイメージを勝手に持っていましたが、イシダテックの製造部は和気あいあいとしていて、意見の交換もしやすい環境であり、自由な発想や独創性を大切にしているというのがすごく感じられました。

写真撮影も自然と笑顔があふれていて、とても楽しい雰囲気で撮影ができました。

はじめは写真を遠慮しているのかと思いきや、気づいたらノリノリで撮影に応じている姿が印象的でした!

撮影の待機中は、みんなでこちらのストーブを囲んでいました。めちゃくちゃレトロ〜



私自身も撮影はあまり慣れていないので緊張したのですが、ちょっとはっちゃけ系の写真も撮ってもらいました!(笑)

広報担当、現場のことを少しでも皆さんにお伝えできるようにこれからもっと頑張ります!!


「イシダテック、興味出てきたな・・・」

と少しでも感じたあなた。現在の採用情報をまとめているこちらのnoteもぜひご覧になってみてください!


会社見学、できます

「まだ応募まではいかずとも、もう少し詳しい話を聞きたい!」といった方を対象に会社見学も行っています。

こちら のフォームから、お気軽にご相談ください!

実際の見学の模様は↓のnoteにまとめてあります。

これからもイシダテックのことをわかりやすく、おもしろく(時にゆるく)伝えていこうと思います〜!

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!!


▼Twitter

▼HP


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!