見出し画像

#こだわりデスクツアー、行ってみた。

イシダテック 総務部の小山です。
今回は、社員のこだわりデスクツアーしてみます。

― ということで、早速設計室へ。


弊社は営業 ‐ 設計 ‐ 製造を1社で完結させる「一貫生産体制」であることを、これまでも何度か伝えてきました。

設計室も工場の隣にあります。
「設計担当者と製造担当者が近い」というよりも、「一体化」して、
綿密に調整を行いながら秘密兵器を作り上げています。

向かって左側が設計室、右側が工場

▼よくある質問 : リモートワークしていないの?
イシダテックの取る「一貫生産体制」下では営業、設計、製造の担当者が(いい意味で)密に連携することが強みです。
また機械という物理的な物を見ながら行う仕事、という背景も加わり、基本的には全社員が出社する体制が継続されています。


設計室内部はこんな感じ
建物自体は昭和48年から使われていますので、結構古いと感じる方も多いかも


ところで、 #こだわりデスクツアー と聞くと、
シンプル・整然・機能的のようなイメージを抱く方も多いと思いますが。
果たして……。

私は普段通りをお見せしたかったので、
「あえてのお掃除なんて不要ですよ!」と事前に伝えました(こやま)

noteの検索画面も素敵なデスクが並ぶ
イシダテック社員のデスクは……?




まずは事業推進室メンバーのデスクへ


スイス企業とのジョイントベンチャーであるAOGroupJapanとしての活動、自社製AIを搭載したソフト開発等、新領域へチャレンジを続ける部署……、
それが事業推進室です。

まずはこちらのメンバーから2名のデスクを覗いてみました。

左から中田さん・笹岡さん・中原さん
笹岡さんは2022年1月から加わった新たな仲間です!


中原さんのデスクへ


過去にもnoteに登場した中原さん。
工場内で営業担当や製造担当と作業をすることもありますが、日常的には設計室最奥の一席で研究・分析・開発作業を進めています。

工場内で装置の調整を行っているときの中原さん
※撮影時に中原さんのみマスクを外しています




時代の最先端を行く中原さんのデスクはどうなっているのでしょうか……?
そんな期待を胸に抱き覗いてみると、若干雑多としているデスクです。

置かれているものは、使用しているときは真ん中にあるんですけど、
だんだんと左右に避けられていきます。(中原)

個人的には壁に養生テープで張られたWebカメラが大好き


― そういえば中原さんの両手はいつもキーボードにありますね。

キーボードでマウス操作もできます!(中原)


マウスへ握り替える時間を削ると生産性は圧倒的に上がると言われている。
こだわりのデバイスで、作業効率化を実現しているのが中原さん。

右手の親指当たりの複数キーが魔改造されており、カーソル移動が可能に
AKEEYO NiZシリーズが中原さんの相棒


そして、なんといっても猛烈な量のデータを処理する業務を、
中原さんの横にあるモンスタースペックPCが支えている。

▼スペックのごく一部を抜粋
CPU : Intel Xeon W-2235(3.8-4.6GHz/6コア/12スレッド/8.25MBキャッシュ)
GPU : RTX A6000(48GB GDDR6)
SSD : 500GB+2TB

モンスターとしか言いようがない
お値段はご想像にお任せします
今度排気口のお掃除しましょう!(こやま)

ちなみに意外な注目ポイントは足元!寒さ対策ばっちり。

頭をモンスターPCに負けないくらい回転させるには、
足つぼの刺激が不可欠なのだろうか


次は中田さんのデスクへ


中原さんの2つ隣に座るのが中田さん。

中原さんと中田さんの間にいる笹岡さんは、
キーボード発注から1か月が経過するも、まだ届かず。
デスクツアー第2弾に期待!


その特徴は、とにかくシンプルなこと。無駄なものがない。

キーボードはFILCO Majestouch Stingray(日本語かななし 前面印字)
エンジニアといえば!なHHKBのキーボードも使用していたが、現在は引き出しで眠っている


― 中田さんは勝手にガジェットオタクなイメージがありますが……。

そんなことはないですが、このキーボードは気に入って使っています!
メカニカルですが、一般的なものと比較してキーストロークが短く、LowProfile+赤軸なので、タイピング音も静かなんですよね。(中田)

LowProfile+赤軸はメカニカルの打ち心地と静音性を両立
設計室内部は結構静かなので、気にされているのかも


― 前面刻印はどこかイメージ通りです。ただキー配置が日本語配列なのが個人的には少し意外でした。

刻印は擦れて消えない前面にしています。配列は好みもありますが、慣れと使いやすさもあって日本語配列にしています。(中田)


― こだわりはマウスにも?

今はゲーミングマウス(Logicool G304)を使っています。
無線ですが低遅延+低価格ですしこちらも気に入っています!
ちなみに家でも同じものの色違いを使っています。(中田)


写真右側が愛用マウスLogicool G304 
トラックボールのマウスは、中田さんには合わなかったらしい



最後に設計課・渡邊さんのデスクへ

写真右が渡邊さん


渡邊さんといえば、「真空管テレビ」でバズった話や、


「DX、進めてみた。」シリーズでインフラ整備での活躍を取り上げました。





デスクで使っているものにも並々ならぬこだわりがありそう!
そんな期待を胸にデスクへ行くと ―




え、なにこれは……?(絶句)


― 渡邊さん、このマグネットたちは……?

溜まる一方で置くところがないので貼りました(笑)(渡邊)

どちらかというと「なぜここに貼ったのか」を聞きたかった(笑)


― 渡邊さんもガジェットには相当なこだわりがありそうですね。

キーボードは東プレ REALFORCE(R2SA-JP3-BK)を使っています。
以前使用していたキーボードの押し込みが悪くなってきたとき、
「腱鞘炎になりそう!」と思い、購入を決意しました。

東プレはやはりPC界隈では憧れの存在。
「いつかは東プレ」というイメージが自分の背中を押しました。
おじさんみたいですが……。(渡邊)

注)渡邊さんは20代である
そんな憧れのキーボード東プレREALFORCE
静電容量無接点方式の代表格なキーボード
静音+押下圧30gの激軽モデルで、「もう昔のキーボードには戻れない」そう


― パームレスト(FILCO製)もいい味が出てますね。

REALFORCEはキーが高いので、若干打ちにくさがありました。
このパームレストは友人に勧められて買ったのですが、木製は布と比較してそう簡単に壊れませんし、だんだん味が出てきます。
これも一生ものですし、疲れにくいので気に入っています。(渡邊)


― 他に何かこのデスクで特徴的なものはありますか?

このタオルをめくると……。スピーカーが。(渡邊)

お約束のレトロなやつ!上の扇風機もいい味を出している
これはデスクトップPCのスピーカー代わりにしていたらしい

あとモニターの後ろにも……。


レトロなやつその2は、AIWA製 2Band トランジスタラジオ
昼休みに誰もいないときこっそり聞いていたらしい


― 関数電卓もレトロですね。

しかも気づいたら増えていました。実はまだほかにもあります。(渡邊)

レトロさもいいが、渡邊さんはものを大事にするんだなあ、と伝わってくる



▼デスクツアーをしてみて

3人のデスクを簡単にご紹介しましたが、それぞれこだわりを持っていて、快適に、そして効率よく作業をするために工夫していることが見えました。

一般的には整然とした写真がよく見られますが、ものづくりの現場で開発や設計に勤しむ技術者の、一つのスタイルとして見ていただけたら幸いです。

キーボードやマウス類などは1日の内で触れている時間も長く、自分の好きなものを使用しているとモチベーションにも好影響がありますね!
ただ、みなさんのデスクをツアーしたところ大掃除をするときは、PC類やガジェット掃除の時間も設けたいなと思いました(笑)(こやま)

▶続編は、自宅編

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!