見出し画像

Webサイトリニューアル&PR動画制作してみた。

総務部のこやまです。
突然ですが、弊社Webサイトを過去にご訪問いただいたことはありますか?
旧サイトは次項でご紹介しますが、リニューアルプロジェクトを経て…

時代を読み、時代に合わせ、事業内容の変容も試みている企業であること
さらにそのキャパシティを備えた企業であること
「お客さまの製造現場に秘密兵器をお届け」する企業であること

これらをはじめ、多くのメッセージを備えたものに生まれ変わりました。



ちなみに:以前のWebサイト


一部に崩れはありますが、以前は若干大人しめなものでした。
noteをはじめたあとには簡単な動線だけ設けましたが、全体的なデザインは若干地味目な印象があり、編集の自由度も少し低めです。
WayBack Machine で表示・閲覧しています

①リニューアル前のサイト
②さらにその前のサイト


プロジェクト始動に際して


Webページが営業活動において重要な役割を担っていることは説明するまでもありません。弊社も事業の取り組み拡大や、展示会出展に代表される営業活動の手法変化も踏まえ、リニューアルに向けた検討を開始することに。

そしてなんやかんやあって(笑)
東京・静岡のまちづくり&デザイン会社である株式会社ナインさまに制作を依頼、完成後の効果測定・改善も含め現在も伴走していただいています。


リニューアルプロジェクトの目的


対象とする方やペルソナ設定、伝えたい/伝えたくないメッセージをはじめ、細部にまで言語化を行った資料が実は別にあるのですが、それは両社の引き出しにしまっておくものとして。

要約すると下記の目的をもってリニューアルに取り組みます。
制作担当者のみなさんには会社・工場見学にも訪れていただき、イメージを共有しながら取り組みを進めていただきました。

①食品系・製薬系の企業の製造ラインに関わる方で、

特に、既存の装置では解決できない課題がある、イノベーションを求めている状況に対して、

③実績・特徴・できること等の必要な情報をわかりやすく伝えること、及び、時代にマッチしたビジュアル・演出を加えることで、

④信頼と期待を高め、問い合わせ・相談の質と量を増やすこと。


デザインに込められた意図


重要になる要素がデザインですが、弊社側が持っている/伝えたいイメージをヒアリングや週1の定例ミーティングを通じて随時お伝えしていきました。

弊社側:石田社長・こやまの2名は発散のプロなので、自分で依頼しながら「これをどう表現するんだ…」と思ったこともありますが、美しく収束してくださったデザイナーさんのコメントをforiioより引用させていただきます。

様々な特許を持ち、日々アイディアの追求や創造を楽しみ、チャレンジングな姿勢を持っていることをヒアリングで感じ、ロゴのモチーフにもなっている葉を連想させるようなモチーフを取り入れたデザインで、枝から葉が広がったり、縁が広がったりするようなアニメーションを取り入れ、アイディアや人との繋がりが広がっていくイシダテックを表現しました。

デザイナーさんのコメント|foriioより


始動後2か月:トップページ概観がほぼ完成


そして開始約2か月の段階ですでに現在形に近いデザインが完成します。
ワイヤーフレームの段階ではまだぼんやりとしていた全体像がはっきりし、私個人の初見での感想は「おっイケてる、なんかテンション上がってきた」でした。

後にスチール撮影・ライターさんによるリライトを行い、約3ヵ月をかけて完成に向かっていきます。デザイン具現化に際しては、下記のように弊社の意見を取り入れていただくこともありました。

例えばこの箇所

デザインアイデア発散・収束例:STRENGTHのデザイン
シンプルで素敵なのですが、サイバーとフィジカルの融合というイメージを大切にしていて、森の鍛冶屋やロゴに連想される「枝葉」が脳の回路や電子回路も連想させるデザインにできたりしないでしょうか…(石田社長)

的なコメントもミーティングでは飛んだ
そしてそのコメントはデザインに取り入れられる
ただただ「デザイナーさんってすげえや」と思いました
完成に近い状態の全体像
※テキストは後にライターさんにより修正


新規ページ制作


例えば実績紹介ページの各装置へのタグ設置をはじめ、仔細な変更は数多く存在しますが、下記サイトマップ(検討段階の仮のもの)の赤枠で示されるページがリニューアルにあたって新規制作されることに。

サイトマップ(仮案)


これらのページを通じては、

  • イシダテックだからこそできるを伝える

  • 事業内容を4つの枠組みで明確に伝える

  • スペシャルコンテンツで社員の影響範囲と可能性を表現

といった観点から、実績・特徴・できること等の必要な情報をわかりやすく伝えることを目指しています。従来のWebサイトは、「すでに弊社を知っている方」向けとも捉えることができそうでしたが、対してこれらの新規制作ページは新規閲覧者の方に向けた情報を補完する役割も担います。

なかなか話さない「秘密兵器製作します!このように!」
そんな情報を伝えるモーダルも新たに追加


担当者個人的に紹介したいページ


企業情報の下層でやや目立ちにくいものの、特許・実用新案ページが個人的な推しです。

制作時の裏話をすると、過去の写真を引っ張り出して拡充に努めたのですが、不明なものも記録されていないものもあり…
それでも弊社の歴史の一部が伝わるページです。表現もスタイリッシュ。

特許・実用新案|企業情報
一部装置はマウスホバーで当時の写真が表示される


スペシャルコンテンツの裏側


大きな追加要素のひとつが「スペシャルコンテンツ」ページの追加。
ここにはWebページトップでも再生される動画制作のあらすじ・エピソード・オフショットが記録されています。

"チャレンジング" そして ”イシダテックならではのクリエイティビティ” を表現する動画を制作していただきました。

スペシャルコンテンツ|株式会社イシダテック より

― あらすじ
常に考え、常に試作試験を実施し、最善を尽くす。
そんなイシダテックが「課題」を解決する「秘密兵器」を作る情景を動画で表しています。 思考から工場が動き出し、一人の社員が及ぼす影響範囲、そして可能性を「光」を用いて表現しています。
イシダテックならではのクリエイティビティを感じてください。


オフショット:社員たちに出演してもらった!


ページ内に記載の通り、社内で撮影・社員が出演している点も特徴です。
秘密兵器完成までの過程を表現、工場が動き出すきっかけとなる閃きの瞬間をはじめ、「光」が印象的な動画を制作していただきました。

実はここは渡邊さんの机
普段はこう!
不慣れな撮影も、たのしく!
そして完成へ…


タイトルは、― 止まるな、イシダテック。


Webサイトトップ、スペシャルコンテンツページ、YouTubeなどで公開しています。
37秒の短尺動画ですので、ご覧いただけるとうれしいです!


株式会社ナイン 渋谷社長からのコメント


「発散のプロ」である石田社長・こやま様に振り回される場面もありましたが(笑)、イシダテック様が解決したいこと・伝えたいことを示し、その解決策・表現方法は弊社に任せるという役割分担ができたことで、全体としては気持ちよく制作することができました!

クリエイティブ面では、設定したペルソナを踏まえ、イシダテック様の持つ「先進性や知性」だけでなく、その裏にある「歴史や泥臭さ」も感じてもらえるよう、現場の空気感を感じる写真や映像と、具体的で詳しい情報提供を意識しました。イシダテック様らしさが伝わるWebサイトで、問い合わせが増えるよう、引き続き運用・改善のご支援をしてまいります。

引き続きよろしくお願い申し上げます!(こやま)


おわりに


今後注力し続けたい内容に、「継続的な更新・改善」「導入事例の拡充」の2点があり、ナインさまにはテクニカルな保守に加え、解析・効果測定・追加施策を検討するミーティングを3ヵ月ごとに実施いただいています。

制作には約半年の期間も要した今回のリニューアルプロジェクトでしたが、作って見た目綺麗にして終わり!ではなく、例えばホワイトペーパー実装(+内容拡充・資料の整理や再作成)や導入事例追加等により、有用な営業ツールのひとつとして位置付けられるように手も動かす2024年にしたいところです。止まるな、イシダテック。ですね。(こやま)

▶そんなWebサイト、ぜひご覧くださいませ…!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!